クリニックの内装を考える時には注意点を把握しておこう

クリニックの見せる収納

近年では電子カルテ化が一般的になってきていて、これから運営する医院のほとんどが、開業の際には電子カルテを導入しているのが実情です。
ペーパーレス化ということから、これまでのカルテをなくしていこうと考えているところも多く見られます。
実際のところ多くのメーカーが電子カルテを販売した上で、その普及を狙っているのです。
しかし医療機関全体を見た場合には、実際には普及率は意外にも低いのが実情です。
電子カルテを導入することから、そんなにカルテ棚は大きくなくても良いだろうと思うかもしれません。
しかし電子カルテを使うと考えていたとしても、診察内容や病気の種類によっては、紙に印刷を行い保管しなければならないケースもあります。
さらに運営を続けていくうちに、場合によっては電子カルテだけでは不都合が生じたりするケースも多いのです。
すでにカルテのストックが多いとなると、古いものをストックしておく場所も必要です。
どのような状況である、カルテは増えるものだと考えておき、ある程度のスペースを確保しておくことは重要です。
そして見せる収納と見せない工夫をしっかりと考えるようにしましょう。

クリニックにも内装は大切!クリニックの見せる収納クリニックに適した空間づくり